レーサーにも人気

バイナルグラフィックでオリジナルを出す

バイナルグラフィックでオリジナルを出す バイナルグラフィックの醍醐味は、何と言っても世界にひとつしかないオリジナルのデザインを楽しめるところです。
デフォルトのままの1色に塗り潰されたような平凡なデザインも、バイナルグラフィックを施すと決めた瞬間に、自由に描けるキャンパスと化します。
量産された他の誰かも同じものを持っているデザインでは物足りないという方にとっては、個性をアピールできる絶好のチャンスとなり、店舗などで利用するならば、他とは違うデザインが目を惹き、周知や集客の大きなきっかけとなります。
最近では、自動車用品や、クラフト用品など、さまざまなジャンルでバイナルグラフィックを意識したカッティングシート、ステッカー、塗料と言った商品がリリースされており、個人の趣味であるDIYから、業務用のプロ仕様まで、幅広いラインナップがあります。
デフォルトのデザインにオリジナル要素を付け加えるという、バイナルグラフィックが、新しい概念、ジャンルとして確立されつつあります。

バイナルグラフィックにかかる費用

バイナルグラフィックにかかる費用 バイナルとはビニールのことで、塩化ビニール製のステッカーを使って車を装飾することをバイナルグラフィックといいます。
熱狂的なアニメファンやゲームファンの間で人気となっている痛車と呼ばれる車の装飾に使われることも多いです。
バイナルグラフィックを用いれば、塗装するよりも安い費用で複雑なデザインを施すことができます。
それでは、バイナルグラフィックには一体どのくらいの費用が必要になるのでしょうか。
かかる費用はデザイン、車の形状や状態、使用するカラー、耐久性などによって様々で、一般的にはデザインが複雑になればなるほど高くなる傾向にあります。
通常は施工費のほかにデータ製作費、デザイン費などが必要となりますが、既成のデザインを用いる場合はデータ製作費やデザイン費がかからないことも多いです。
また、ステッカーのデザインや製作のみお店に依頼して、施工は自分で行うことも可能です。
自分の希望するバイナルグラフィックのデザインにいくらかかるのか詳しく知りたい方は、依頼する予定のお店に相談してみてください。