レーサーにも人気

レーサーにも人気なバイナルグラフィック

レーサーにも人気 バイナルグラフィックは車体を彩る新たな手法として近年、注目されています。
塗装をすることなく簡単に、フィルムを貼るだけの施工となるので、どんな車体でも楽しめるのが特徴です。
さらに塗装の上からフィルムを貼るために傷つけたり跡が残ることがなく、剥がせば元の通りに直すことができます。
そして思う通りのデザインや色を楽しむことができるので、レーサーにも人気を集めています。
耐久性が高いので、レーシング車にも施工できるからです。
また、塗装では出せないような鮮やかな色を再現したり、細かなデザインを施すこともできることがレーサーにも人気を集める理由です。
もちろん一般車でも同じように施工することができるので、まるでレーシング車のような車体にすることも可能です。
他にも宣伝のために利用したり、趣味のアニメキャラを施すこともできます。
バイナルグラフィックは曲面のある車体によってはフィルムを貼るための技術が必要なので、専門店で頼むことがほとんどとなります。

意外と簡単なバイナルグラフィック

意外と簡単なバイナルグラフィック バイナルグラフィックは、カッティングシートに印刷を施して、それを車体に貼ることで装飾を施すことです。
装飾を施す選択肢としては、塗装をすることが挙げられますが、塗装は一度塗ってしまうと修正をするのが難しくなります。
その点、バイナルグラフィックはカッティングシートを張り付けるだけなので、あとで剥がすとボディーはもとの状態に戻ります。
また、印刷をするので、細かなデザインをするのも容易であるため、簡単に仕上げられるというメリットがあります。
ボディー全体をラッピングするには、それを印刷するだけの大きな印刷機が必要ですし、きれいな仕上がりになるようにするためには技術を要するため、業者に依頼する音が確実です。
ただし、小さなラッピングをするだけならば、自作も簡単なので自分で行うことは可能です。
また、デザインを送れば業者はそれに基づいてシートを作成して送ってくれますので、印刷機がない方はそれを注文して貼り付けることもできます。